07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

    2013年11月マカオ日帰りギャンブル旅行 その4 


    <前回までのあらすじ>
    ---------------------------------------------------------------
    2013年11月マカオ日帰りギャンブル旅行<序章>
    http://sicbo.blog48.fc2.com/blog-entry-430.html

    2013年11月マカオ日帰りギャンブル旅行 その1
    http://sicbo.blog48.fc2.com/blog-entry-431.html

    2013年11月マカオ日帰りギャンブル旅行 その2
    http://sicbo.blog48.fc2.com/blog-entry-432.html

    2013年11月マカオ日帰りギャンブル旅行 その3
    http://sicbo.blog48.fc2.com/blog-entry-433.html
    ---------------------------------------------------------------

    2013年秋、羽田に就航した香港エクスプレスを利用して
    マカオ日帰りギャンブル旅行を企てたひとりのバカがいた。
    2013年11月24日、
    1年ぶりにマカオの地に降り立ったその男は、行く先々の
    カジノでハズレまくる。
    時間の制約がある中、大小オカルト出目で勝負するには、
    たくさんの大小テーブルがある「例の場所」に行くしかない。

    こうして、その男は3年間封印していた
    SJM系カジノの総本山---リスボア&グランドリスボア---
    へ向かうのであった・・・
    ---------------------------------------------------------------
    ・・・って感じで、わずか数行で説明できるどうでもいい
    話をだらだら書いたっきり約1年間放置してましたが、
    再開します(^^)。
    ---------------------------------------------------------------

    2013年11月24日(日) 12時20分、

    ウィンを出て、友誼大馬路の横断歩道を渡って
    一路、葡京(リスボア)へ・・・



    ・・・向かうつもりだったが、つい、
    ふらふらと目の前の総統(プレジデンテ)へ入る。

    以前ブログでも書いたことあるけど、ここは
    銀河(ギャラクシー)系列のこじんまりとした
    カジノで、大小のテーブルはひとつしかない。

    IMG_4352.jpg
    (よくわかんない写真ですが、エスカレーターで
    2階にあるカジノへ上るところです)


    かるく見学だけ、のつもりで、大小のテーブルへ。

    テーブルにはだれも座っていない。
    ディーラーの姉ちゃんはヒマそうにしてる。
    出目を見ると、いまいちはっきりしない展開。

    どうしようかな~と思ったが、ミニマムが50HKD
    だったので、少しだけ勝負することにした。

    ディーラー正面の真ん中のイスに座り、
    100HKDずつちびちび賭けはじめる。

    やがて、
    場内をうろうろ歩いていたおねえちゃんが左隣に
    座り参戦。
    50HKDずつ、賭けたり、賭けなかったり。

    右隣のバカラテーブルで勝負しているオヤジも、
    バカラテーブルのイスに座ったまま、ときどき
    参戦してきた。

    ふたり、ときどき三人の大小テーブルでの勝負を
    淡々と続けているうちに、ふわっ、と
    なんとも奇妙な感覚に襲われる・・・・

    テーブルを取り囲むゆったりとした時間の流れ。

    お互いに利害関係がないゆえのゆるい連帯感。

    コン、コン、コン、とサイコロが転がる乾いた音。

    懐かしく、心地よい。

    この感覚はなんなんだろう・・・・
    ずっと大小をやってきたはずなのに。

    いつの間にかオカルト法則に編重してしまい
    出目を求めてテーブル間をホッピングするように
    なっちまったが、思えば、このブログを始めた頃は、
    ほとんどのカジノの大小テーブルにはイスがあったので
    こうやって一箇所でじっくりと勝負してたんだよなあ・・・

      「大」が出た後は、「大」
      「小」が出た後は、「小」
      オカルト出目が出たときは、オカルトに従う

      ひたすらメシも食わず、1日中それを繰り返す。

    大小って、これでいいんじゃないのか?

    大勝負じゃ!とか言って
    血眼になって、チップ積み上げるのは
    ちょっとちがうんじゃないか?

    大小は、これから起こることに賭けるのではない。
    賭けるときは、すでにそれは起こっている。

    しかも目の前で。

    フタの中で起こったことは、目には見えないが
    しかし、フタの中に正解はすでに、ある。

    まだ起きてないこと・これから起こることなんて、
    わかるわけがない。

    しかし、
    すでに目の前で、同じ時間・空間を共有して
    起こったことは・・・
    なんというか、気配とか匂いとか空気の揺らぎとか
    もうそれは「なにか」としか言いようがないんだけど、
    見えてないけど「わかる」ような気がするんだよなあ・・・

     わかるけど、見えてないだけ。 ・・・なんてねw



    ・・・・・などと、
    くだらないことを考えてながら、ひたすら打ち続ける。
    で、少しずつチップが増えていくのであった・・・

    つづく


    ---------------------------------------------------------------

    「大小とバカラは、読書である」
    (すでに結末は決まっており、われわれはページをめくるだけ)

    「ブラックジャックへの異常な愛情(確率論だけでは語れないBJ私論)」
    (別名:私は如何にして心配するのを止めて大小を愛するようになったか)

    などの内容も書こうと思いましたが、1年ぶりなのでこれが限界w


    っていうか、いつになったらリスボアに着くのでしょうか・・・(^^)。

    テーマ: リアルカジノ

    ジャンル: ギャンブル

    タグ: カジノ  ギャンブル  マカオ  大小  プレジデンテ  リスボア  グランドリスボア  香港エクスプレス 

    カテゴリ:*2013年11月(マカオ日帰り)

    2014/11/10 Mon. 03:20 -edit- Trackback -- / Comment 10

    △page top

    2013年11月マカオ日帰りギャンブル旅行 その3 

    2013年11月24日(日) 8時50分、
    IMG_4336_2.jpg
    銀河(Galaxy Macau)で勝負開始。

    大小のテーブルは、1年前と比べて少なくなっていた。
    しかも朝なので、オープンしてるのは6台だけ。
    ミニマムは300HKDと500HKDばっかり。
    予想していたとはいえ、きびしい環境のなか・・・

    1年ぶりのマカオでの記念すべき第1投、
    「13」→「10」の後の「大」に300HKDをそっと、置く・・・






    ・・・「3・3・3」(゚Д゚)


    ゾロ目だし、そもそも「大」ですらない。


    相変わらずだなあ、と、脱力するとともに
    ひさびさの「マカオ式歓迎」にニヤニヤしてしまう。


    ・・・などと言ってる場合じゃない、
    その後、大小もバカラもほとんど当たらず、
    10分でマイナス4,000HKD。

    銀河はダメだダメだ、やっぱり半島側の星際へ行こう、
    と思い、バス乗り場へ向かう。

    しかし、星際行きのバスは朝10時が始発だった・・・
    そもそも朝9時の時点で稼動しているバスがほとんど
    なかったので、しかたなく、カジノに戻る。

    で、
    前回書いたとおり、さらに傷口を広げる。

     =================
     澳門銀河

     飛び込み自殺

     ▲7,500HKD

     =================

    9時40分、
    とりあえずの手持ち資金(26万円)の40%を失う。

    星際行きバスの始発まで待ってられないので、
    予定を変更し、外港フェリーターミナルへ行き、
    帰りのフェリーチケットを買うことにする。

    バスの車窓から見える
    1年ぶりのなつかしの風景・・・

    MGM、ウィン・・・
    IMG_4338.jpg

    金沙・・・
    IMG_4339.jpg
    9時55分、フェリーターミナルへ到着。

    帰りの香港行きフェリーは、当初、16時発を予定していたが、
    少しでも長く勝負時間を確保するため、16時15分発を予約した。
    (161HKD)

    10時10分、
    フェリーターミナルから星際行きのバスに乗る。

    バスの車窓から見える
    1年ぶりのなつかしの風景・・・

    マカオグランプリの客席・・・
    IMG_4342.jpg

    フィッシャーマンズ・ワーフの火山・・・
    IMG_4344.jpg
    ・・・って、壊されとるww

    この施設、潰れたことは知ってたけど、痛々しいのう・・・

    10時14分、
    星際(スターワールド)到着。

    星際のロビーもクリスマスモード。
    IMG_4346.jpg

    エスカレーターで2階に上がり、6万円を両替。
    →(0.0748)→4,488HKD。

    10時21分、勝負開始!


     =================
     星際

     凍死

     ▲2,100HKD

     =================

     大小3連敗。ひとつも当たらず(゚Д゚)


    10時32分、星際を出て・・・
    IMG_4347.jpg

    歩きながら眺める
    1年ぶりのなつかしの風景・・・

    リスボア(葡京)、カムペック(金碧)・・・
    IMG_4348.jpg
    手前には1週間前に開催された
    マカオグランプリのリスボア・スタンドが見える。

    ウィン(永利)へ。
    IMG_4349.jpg

    吉祥樹側入り口付近の大小テーブル(8台ぐらい稼動)で
    勝負しようと思ったら、なんとここの電光掲示板が変更されていて、
    サイコロの出目表示のみで、合計数の表示がなくなっていた・・・

     通常は、下記のような表示だが・・・
     --------------------------
      Dice Tot 
     --------------------------
      156  12  大
      331   7   小
      456  15  大
      235  10   小
      222   6
      245  11  大



     ウィンのこの大小テーブルは・・・

     -------------------
      Dice 
     -------------------
      156  大
      331   小
      456  大
      235   小
      222
      245  大


      こんな感じだった・・・・

    なんなの、これ・・・
    これじゃあ、
    直感的にオカルト出目が判断できないよ・・・

    こんなもん、やってられるか(゚Д゚)!
    ということで、ウィンを通り過ぎてMGMへ向かう。

    (なお、旧OKADA前の大小(2台)は、従来どおりの
     電光掲示板でした)

    油断すると車に轢かれそうになる道路を横切り、
    10時38分、なつかしのMGMへ。
    IMG_4350.jpg

    稼動している大小テーブルは、
    マクドナルド側入り口付近の2台のみ。

    オカルト出目の出現をじっくり待つ・・・



    11時05分
     =================
     MGM

     轢死

     ▲2,000HKD

     =================

     大小2連敗。ひとつも当たらず(゚Д゚)

    とりあえずの手持ち資金(26万円)の60%を失う。


    ふたたびウィンへ。

    残り資金の10万円を両替。
    →(0.07495)→7,495HKD。

    11時12分、
    旧OKADA前の大小で勝負開始!
    そろそろ本気出す(゚Д゚)!





    11時18分
     =================
     ウィン

     焼死

     ▲2,000HKD

     =================



    心肺停止状態でふらふらと、
    吉祥樹付近の大小テーブルへ。
    しかし、
    わけわからん電光掲示板じゃやる気が起きず・・・

    気分転換に、
    クラゲが泳ぐ大水槽前を通り抜け、
    アンコール(萬利)へ。


    誰もいないバカラテーブル、
    バンカー(庄)に2,000HKDをたたきつける(゚Д゚)クワッ!





     庄 ○ +1,900HKD(ナチュラル9)
     庄 ○ +1,900HKD(ナチュラル9)
     庄 ○ +1,900HKD
     庄 ○ +1,900HKD
     庄 × ▲2,000HKD



    11時31分
     =================
     アンコール

     ようやく 蘇生

     +5,600HKD

     =================

    あ~助かった・・・
    ずるずる負け続けるのだけは回避できた・・・

    とりあえずゾンビ程度に回復したところで
    気分を新たに、大小で勝負だ(゚Д゚)!

    ふたたび
    クラゲが泳ぐ大水槽前を通り抜け、
    ウィンへ。



    11時56分
     =================
     ウィン

     感電死

     ▲2,000HKD

     =================

    わけわかんない電光掲示板の大小で勝負し、
    勝ったり負けたり。
    なにげにオカルトがはまっていたが、
    結局また、マイナス・・・・


    11時58分、
    ウィンのいつものところ(スタバ)で
    いつものもの(コーヒーフラペチーノのグランデ)を注文し
    頭を冷やす。(40HKD)
    IMG_4351.jpg
    (なお、もともとはブログを通して交流のあるM氏とここで
     待ち合わせの予定でしたが、都合でお会いできませんでした)

    これまでの戦績を振り返る。

      飛び込み自殺 ▲ 7,500
      凍死     ▲ 2,100
      轢死     ▲ 2,000
      焼死     ▲ 2,000
     (蘇生)    + 5,600
      感電死    ▲ 2,000
     --------------------------------
      合計     ▲10,000

    勝負予定時間の約半分を経過した時点で、
    失った資金もほぼ半分。
    時間はじゅうぶんあるので、
    まだまだこれから、ではあるが・・・

    どのカジノも大小のテーブルが少なすぎる・・・
    ウィンはそれなりにあるものの、
    あの電光掲示板ではやりたくない・・・

    オカルト出目で勝負するには、
    じゅうぶんな数の大小テーブルが必要だ。


    であれば、
    リスボア、グランドリスボアで勝負するしかない。
    あそこなら大小テーブルはたくさん、ある。

    ということで、
    せんべいチップがイヤで、2010年12月から3年間、
    なんとなく避けていたSJM系カジノでの勝負を
    ついに再開するときがきた(゚Д゚)クワッ!



    12時20分、
    ウィンを出て、友誼大馬路の横断歩道を渡って
    リスボアへ向かう。


    つづく

    テーマ: リアルカジノ

    ジャンル: ギャンブル

    タグ: マカオ  大小  バカラ  澳門銀河  星際  ウィン  アンコール  MGM 

    カテゴリ:*2013年11月(マカオ日帰り)

    2014/01/05 Sun. 23:57 -edit- Trackback -- / Comment 18

    △page top

    2013年11月マカオ日帰りギャンブル旅行 その2 

    2013年11月24日(日) 5時20分、
    予定よりかなり早く香港に入国できたものの
    AEL(機場快線)の始発は5時54分なので、
    ホームへ行く通路のシャッターが開いておらず
    まだホームに入れない・・・
    IMG_4303.jpg

    しかたないのでしばらく付近で待つことにする。
    しかし・・・・
    IMG_4304.jpg
    あたりのベンチは、空港泊のみなさまでいっぱいだったw

    IMG_4305.jpg
    ごろごろヨコになってるみなさまの隙間を見つけて
    ベンチに腰掛けて時間をつぶす。

    この光景を見ると、
    会社を辞めてマカオ通いをしていた数年前のあの日を思い出す。


    (´-`).。oO( 帰国前日の真夜中、マカオで
           こてんぱんにやられて、すってんてんに
           なったわたしは途方に暮れた。
           徹夜で勝負するつもりだったので、
           ホテルなんて予約してないし、そもそも
           ホテル代もないので行き場がない。

           カネがない奴には、
           マカオは居場所なんて用意しちゃくれない。

           いや、
           手元にはまだ500HKDほど残っていたので、
           マッサージ屋あたりで夜明けを待つという
           選択肢もあったのだが、もう、
           その日は自分に対する罰ゲームとして
           マカオから離れようと決めた。
           もうマカオには居たくなかったし、
           もうくたくたすぎて最後の悪あがきで
           勝負をする気にもなれなかった。

           泣きながらフェリーに乗り、香港上環へ。
           真夜中なのでもう、機場快線も地下鉄も
           動いていない。

           マカオの気配が漂う信徳中心に朝まで
           いるのもつらいので、ヤケクソで
           タクシーに乗って香港空港へ向かった。
           大喜びのタクシーの運転手がいろいろ
           話しかけてくるが、話す気力もない。
           だいたい、
           何をしゃべってるのかもわからない。
     
           香港空港到着後、
           ベンチに体を丸めてヨコになり、
           いい歳してオレはなにやってんのかな~(゚Д゚)
           と嘆息しつつ、
           空港で夜を明かす人びとの一員となる。


           あのときの季節はいつだったのか
           忘れてしまったが、
           とにかく空港は寒かったなあ・・・・)


    などとぼんやり思い出していたら、すでに5時43分、
    いつの間にか機場快線のホームのシャッターが開いていた。
    IMG_4307.jpg

    前々回のブログに書いたとおり、
    こんかいは機場快線の「1日往復割引」を利用して
    香港駅へ向かう。
    通常は片道100HKDだが、50%割引となるので、
    片道50HKD(往復100HKD)となる。

    チケットカウンターは長蛇の列となっていたが・・・
    IMG_4306.jpg

    この割引を利用するのはじつにカンタンである。
    わざわざチケットカウンターに並んで
    往復割引IC乗車券を買う必要はない。

    いつもどおりオクトパスカードを持って
    そのまま機場快線に乗ればOK。
    香港駅の改札を出るときに、自動的に通常の
    片道運賃である100HKDが引き落とされるが、
    同日のうちに復路(香港駅→空港)に乗れば、
    運賃が引き落とされないしくみとなっている。

    ということで5時54分の始発で香港駅へ。
    IMG_4309.jpg

    6時17分、香港駅到着。
    エレベーターでインタウンチェックインの
    カウンターがあるフロアへ。
    IMG_4311.jpg

    6時21分、
    まだ入国して1時間しか経ってないけど
    香港エクスプレスのカウンターで
    帰国便のチェックインをする。
    IMG_4312.jpg

    「あの~・・・
    非常口ヨコの通路側をお願いします・・・」と、
    カウンターのお姉さんに足元の広い座席を
    お願いした。・・・つもりだったが、
    「はいはい、通路側ね、わかったわかった」
    と言って、お姉さんが渡してくれた座席は・・・・

    通常席の「8C」だった・・・話聞いてないじゃん(゚Д゚)

    「いや、これじゃなくて・・・
    12か13のCかDで!」と言って、
    100HKD札をひらひらさせたらやっとわかってくれた。

    160HKD支払って、往路と同じ「13C」席を確保。

    6時32分、
    IFCビルを出て、信徳中心へ歩いて向かう。
    IMG_4313.jpg

    気候は暑くもなく、寒くもなく。
    心配した雨も降ってない。
    IMG_4314.jpg
    朝もやの中、
    1年ぶりの懐かしい光景を前に思わず足を止め、
    感涙にむせぶのであった・・・
    IMG_4315.jpg

    なんてことをやってる場合じゃない、
    はやく行って、7時のフェリーのチケットを買わねば・・・

    で、
    6時39分、信徳中心に到着し、
    フェリーターミナルのフロアへ。

    発着案内の電光掲示板を見たら・・・
    なんと、06時45分発のタイパ行きコタイジェットがあった!
    事前にウェブサイトで調べたときは、こんな時間の便は
    なかったのに・・・
    (もしかしたら、日曜限定の臨時便なのかもしれない)
    こんな便があることを知ってたら、とうぜん急いで歩いたし、
    間に合ったかもしれないのに・・・

    フェリーターミナル付近は
    大陸のみなさまの団体様で、人・人・人・人・・・

    うげげ(゚Д゚)
    これはもしかしたら・・・

    すでに
    7時発の外港行きもタイパ行きも売り切れていた(゚Д゚)。
    スーパークラス(ファーストクラス)も売ってない・・・

    ダフ屋のおばちゃんが寄ってきたので、チケットを見たら、
    ぜんぶ「7時15分発」か「7時30分発」だった・・・

    この団体様の状況じゃ、おそらく外港のイミグレは
    めちゃくちゃ混むに違いない、と考え、行き先はタイパに決定、
    どうせタイパなら、金沙メンバーカードを見せればポイントで
    タダになるので、コタイジェットのカウンターへ。

    ということで、
    7時15分発のコタイジェットでタイパへ向かう。
    IMG_4318.jpg

    コタイジェットは、いつもガラガラ、
    というイメージがあったが、ほぼ満員だった・・・
    もしかしたら、団体様はターボジェットではなく
    コタイジェットに大勢乗ってきたのかも・・・
    IMG_4319.jpg

    考えてみれば、大陸のみなさま(観光客)にとっては、
    半島側(外港)よりも、開発著しいコタイ地区のほうが
    魅力的なのかもしれんなあ・・・
    イミグレの混雑を避けたくてタイパ行きにしたけど、
    これは判断ミスだったか・・・(゚Д゚)

    などど思いつつ、
    7時22分、7分遅れでマカオへ向けて出航。
    IMG_4321.jpg

    船内の冷房はそれほど強くなく、
    うつらうつらしているうちに
    8時13分、コタイのビル群が見えてきた。
    IMG_4323.jpg
    これが外港行きであれば、
    いまいましくも愛おしいキンピカな金沙娯楽場が
    見えてきて、いやがおうにも盛り上がるのだが、
    タイパ行きは風景的にいまいち味気ない・・・

    などと考えているうちに、8時20分、タイパへ到着。
    8時23分、船外へ出て、イミグレに向かう。
    IMG_4324.jpg

    あいかわらず工事中・・・
    IMG_4325.jpg

    マジでいつ、工事が終わるんだろう・・・
    IMG_4326.jpg

    ちゃかちゃか急いだおかげもあり、イミグレはガラガラ、
    8時28分、マカオ入境。
    IMG_4328.jpg

    バス乗り場へ向かう。
    IMG_4329.jpg
    バス乗り場は、以前はごちゃごちゃしてて
    わかりにくかった印象があったけど、すっきりした感じ。

    ----------------------------
    さて、1年ぶりのマカオ。

    こんかいの資金は20万円(予備+6万円+約900HKD)

    わたしにとっては、いつもどおりの金額であるが
    2012年以前のように、いざというときの追加資金投入
    (三菱東京UFJ銀行秘密口座からの引き出し)
    ができないので、資金が尽きたらアウトである。

    しばらくマカオから離れている間に、
    ミニマムベットがかなり高騰しているらしいし、
    はたしてこの資金でだいじょうぶなのか・・・
    という不安はあったが、まあ、いつもどおり
    大小のオカルトがはまればなんとかなるだろう・・・

    で、
    さいしょの勝負場所はどこにするか? を考えた。

    案1:半島側の星際へ。
       2階のトイレでハエの絵に向かってションベンして
       両替してから星際、ウィン、MGMあたりで勝負。

    案2:昨年の主戦場だった銀河へ。


    ひさびさなので「案1」で行きたかったが、
    ちょうど銀河行きのバスが手前に停まっていたし、
    あとで星際へ行く場合でも銀河から直通バスが
    出てるので、とりあえず銀河へ行くことにした。




      これが判断ミスであったことは
      このとき、知る由もなかった・・・(゚Д゚)



    8時30分、銀河行きバスに乗り、
    8時35分、出発。
    IMG_4330.jpg

    8時41分、銀河に到着。
    IMG_4333.jpg

    サンタがお出迎え。
    IMG_4335.jpg

     銀河か・・・
     なにもかも懐かしい・・・

    IMG_4337.jpg

    8時50分、
    まずは10万円を両替。→(0.0743)
     
     → 7,430HKDで勝負開始!



      ・・・・・・・




      ・・・




    で、結果は・・・・




     =================

     飛び込み自殺

     ▲7,500HKD(゚Д゚)

     =================


    つづく

      すいません、
      また長くなったのでつづきます(^^)。
      次回こそ最終回(だと思います)・・・

    テーマ: リアルカジノ

    ジャンル: ギャンブル

    タグ: カジノ  ギャンブル  マカオ  大小  澳門銀河  香港エクスプレス 

    カテゴリ:*2013年11月(マカオ日帰り)

    2013/12/15 Sun. 01:23 -edit- Trackback -- / Comment 8

    △page top

    2013年11月マカオ日帰りギャンブル旅行 その1 

    行方不明になっていた
    「Mr.BOO! ギャンブル大将」(1974年香港・日本公開は1979年)の
    映画パンフレットが自宅で発掘された(^^)。

    boo.jpg

    この映画の主要舞台は、マカオ。

    boo_lis7.jpg

    カジノやホテル内のドタバタシーンの撮影は
    創業(1970年)間もないリスボアで行われている。
    boog_4.jpg

    boog_3.jpg

    今と比べれば内装やテーブルの配置はぜんぜん違うが
    円形のカジノの形状、柱や天井など全体的な雰囲気は
    今も昔も変わらない。
    boog_2.jpg

    boog_6.jpg

    ここは、南側(ウィン側・バス乗り場がある)の入口付近。
    天井に今は亡き「FUJI SAUNA(富士浴室)」の看板が見える。
    boog_5.jpg

    これも今は亡き大バカラ卓。
    boog_9.jpg

    ホンモノのチップを使って撮影したらしい(゚Д゚)
    boog_7.jpg

    ミスター・ブーが、インチキサイコロを使って
    クラップスで「7」を連発、チップが山積みww
    boog_8.jpg

    リスボアの大小卓。
    テーブルの上にはチップは1コもなくてお札ばっかりだw
    boog_10.jpg

    こちらは劇中における闇カジノの大小。
    boog_11.jpg
    この手動式のサイコロBOX、欲しいなあ・・・
    5年ぐらい前までは、財神や假日鑚石にあったんだけどなあ・・・

    boog_1.jpg

    この映画は、カジノというより、ドッグレースでの勝負
    (ノミ屋をからめたイカサマ(オッズ操作))に主眼が
    置かれているが、マカオ好き、カジノ好きなら、
    ぜひ一度は観ていただきたい。

    もちろん、
    広川太一郎の吹替版じゃないとぜ~んぜん面白くないヨ、
    なんて言っちゃったりなんかして


    IMG_4437.jpg

    で、
    この映画のパンフレットには
    「ミスター・ブーのギャンブル10ヵ条」
    というものが書かれている。

    あまりにもくだらないので、
    非常に示唆に富むものなので、
    アホギャンブラーのために
    読者諸賢のためにご紹介いたします。


     1.勝負の前は「天中殺」を読んでおけ。
       何かを信用しなければギャンブルなど恐くて、
       決してできないものだ。

     2.絶対に勝てる相手としか勝負をするな。
       負けて勉強になるというのはウソである。

     3.金は天下のまわりものである。
       自分の金にはサインをしておけ。

     4.ポーカーフェイスなどつくるな。
       そんなことをしていたら顔面神経痛で
       苦しむだけだ。

     5.つきまくってる奴とは仲良くしろ。
       そのおこぼれでギャンブルすべし。

     6.ジョギングの練習をおこたるな。
       逃げるが勝ちのたとえあり。

     7.ギャンブルの前には風呂へ入れ。
       その体を賭けるかもしれない――からだ。

     8.ベッドの上で女とは勝負をするな。
       金をとられてサヨナラされるのがオチである。

     9.世の中すべてがギャンブルなのだ。
       あの娘のパンティーは何色などとやるのが
       いちばん楽しいギャンブルである。

    10.映画を見るのもギャンブルである。
       だからたくさんギャンブルしようね、……ね。




     ・・・ああ、くだらねえww(ほめ言葉)

     配給の東宝東和の宣伝の人が作ったんだろうけど、
     昔の映画ってパンフレットとか宣伝とか邦題のつけ方に
     こんな感じでけっこうやりすぎというか、ムダに力を
     入れてたりして、よかったよな~・・・

    なお、
    「天中殺」なんて、若い方は知らないと思うので
    ググって調べてみてください(^^)。
    (ウィキを読んでも、なにが書いてあるのか
    まったくわけわからんけどw)

    それにしても

     「何かを信用しなければギャンブルなど恐くて、
      決してできないものだ。」

     「負けて勉強になるというのはウソである。」

    とか、ストンと腹に落ちるわ・・・(゚Д゚)



    ということで、
    血中マカオ濃度が濃くなったところで
    1年ぶりにマカオへ行くこととなった。

    ----------------------------------------

    2013年11月23日(土)

    仕事を終え、いったん帰宅した後、
    高速道路を一路、羽田へ向かう。

    こんかい利用する香港エクスプレス航空は、
    事前にネット等で座席指定ができず、
    チェックイン時に早いもの順に座席を
    指定する方式である。

    機内でしっかり寝るためには
    通路側かつ足元が広い座席を確保したいので、
    チェックイン開始時刻(22時30分)までの
    到着を目指して、車を飛ばす。

    21時50分、
    国際線ターミナルの駐車場に余裕を持って到着~(^^)!


    ・・・が!!

    なんと、
    駐車場に「満」の赤い文字が点灯していた・・・


     マジか・・・

     いままでもエアアジア深夜便利用の際は、けっこう
     混んではいたが、さすがに「満車」はなかった・・・

     年末年始やGWのときは、ネット上に
     「入庫するまで何時間も待った」
     「飛行機に乗り遅れた、どうしてくれるんじゃ(゚Д゚)ゴルァ」
     などのコメントを見かけていたが、まさか
     オフシーズンのこの時期に満車とは・・・

    駐車場入り口に並んで空くのを待つことも考えたが
    (どれぐらい車が並んでいたのかは見えなかった)、
    とにかく早く車を停めて、確実に22時30分にチェックイン
    することが先だ、と思い、国内線ターミナルの駐車場へ向かう。

    国内線は「ターミナル1」と「ターミナル2」がある。
    国際線に近いほうに停めたいが、どちらなのかわからない。

    とりあえず、「ターミナル2」のほうに停めて、
    車を出て空港案内図を見ると・・・
    明らかに「ターミナル1」のほうが国際線に近かった・・・
    1/2の確率の勝負にいきなり外れる(゚Д゚)

    帰国後の移動を考えると、少しでも近くに停めておきたい。

    すぐに「ターミナル2」から車を出し(料金はかからなかった)、
    「ターミナル1」へ行き、車を停めて、22時17分、
    国際線ターミナル行きのシャトルバスに乗る。
    IMG_4243.jpg

    バスは国際線ターミナルの1階に到着。
    IMG_4250.jpg
    空港内はすっかりクリスマスモード。

    エスカレーターで3階出発ロビーへ。
    IMG_4248.jpg
    香港エクスプレスのチェックインは
    一番右端のAカウンター。
    IMG_4245_2.jpg
    Aカウンターには22時24分に到着。間に合った・・・
    すでに15人ぐらい並んでる。
    IMG_4246.jpg
    わたしが列に並んだ瞬間に、チェックインが開始。
    定時(22時30分)より6分早い。

    非常口ヨコの足元の広い座席(SWEET SEATS)をぶじ、確保。
    IMG_4247.jpg
    SWEET SEATSの追加料金(2,000円)は、チェックイン後、
    となりのカウンターで支払う。

    ・・・駐車場でばたばたして、どうなることやらと思ったが、
    なんとか目的の座席も確保して一安心・・・

    出発(01時30分)まで、3時間もある・・・どうするか・・・

    空港でゆっくり過ごそうかとも考えたが、どうせ時間があるので
    国内線ターミナル1の駐車場に停めた車を国際線の駐車場に
    移動させてしまおう、と考え、
    ふたたび空港内を循環するシャトルバスへ乗る。

    車をそのままにしていた場合、深夜(00時30分)の帰国後に
    ターミナル1へ移動せねばならない。
    その時間帯は、電車もシャトルバスも動いてないので(たぶん)、
    タクシーで移動するしかない。

      国際線ターミナルからターミナル1は、それほど離れていないので
      空港係員に「歩いていけますか?」と聞いたら「ムリ」とのこと。
      ターミナル間には、そもそも「歩道」がないらしい。
      おそらく安全面を考慮してのことであろう・・・
      たしかに
      わたしみたいなオヤジが夜中にふらふらと徘徊したら危ないよな・・・

    出発前に、わざわざ車を移動させなくても、
    深夜に帰国後、タクシーに乗ってターミナル1に行けばいいんだけど、
    深夜に帰国した乗客を待っているタクシーの運転手は、おそらく
    遠方までの帰宅客を期待しているわけで、そんな中、わたしが
    タクシーに乗って「ターミナル1の駐車場までお願いします・・・」
    と行き先を告げたら・・・
    タクシーの運転手はひどく落胆するに違いない。

      長い長い客待ちタクシーの列に並んで、
      やっと乗ってきた客の行き先が、目と鼻の先だなんて・・・

    心優しいわたしとしては、そんな気の毒なことはしたくない。



    ・・・というのは、ウソではないが、

     行き先を告げたとたんに不機嫌になる、
     あるいは舌打ちする運転手を見たくない、
     すなわち、
     こちらが理不尽に気分を悪くする状況に身をおきたくない、

     そのような状況が予想されるならば、
     避けられるものなら避けておきたい・・・・

     というのがホントの理由に近いかもしれない。

    結局オレは
    自分の「快・不快」だけを基準にして行動しているに過ぎないのか・・・

    「快・不快」だけで行動をするような幼稚な輩のことを
    ふだんはいちばん軽蔑してるくせに、タクシーの運転手に申し訳ないから、
    なんて偽善的なセリフを吐きつつ、自分がそういうことをしていることに
    軽く自己嫌悪するのであった・・

    などと、
    たかが車を移動しようとしているだけなのにオレはなにやってんだろう、
    こんなことをだらだら書いてたら、いつまでたっても出発できんわ、
    と思いつつ、シャトルバスに乗り、車窓から国際線ターミナルの
    駐車場の空車状況を確認しながら、しばらく、ターミナル間を
    ぐるぐる廻る・・・

     23時を過ぎてもまだ満車・・・

     23時30分を過ぎてもまだ満車・・・

    もういいかげん、あきらめるか~、と思った23時45分ごろ、
    ようやく「満」の赤いランプが消えた!

    ということで、
    ターミナル1の駐車場へ車を取りに行き(駐車料金600円也)、
    2013年11月24日(日)00時04分、
    ぶじ国際線ターミナルの駐車場へ駐車完了。
    ふたたび3階出発ロビーへ。
    IMG_4252.jpg

    00時14分、出国審査へ向かう。
    IMG_4256.jpg

    手荷物検査が少し混んでいて15分ぐらいかかったが、
    イミグレは、自動化ゲートですぐに通過。

     なお、
      羽田は「自動化ゲート」、香港は「e道」使用、
      マカオは通常ゲートだが入出国時のスタンプが
      今年になってから廃止されたので、
      こんかいの旅行は「パスポートのスタンプなし」
      であった。
      以前は、成田(羽田)-香港-マカオだけで、
      1ページをまるまるスタンプで消費してたのに・・・

      ページの節約、手続きのスピードアップ・簡素化は
      喜ばしいことではあるが、パスポートを見ただけでは
      まったく渡航の痕跡が残らないのは、それはそれで
      ちょっとさびしい気もする・・・

    などと、勝手なことを思いつつ制限エリアへ。

    香港エクスプレスはLCCなので、てっきり沖止めで
    搭乗するにはバス移動だとばかり思ってたら・・・
    IMG_4257.jpg

    一番端っこの105ゲートからボーディングブリッジで搭乗する。
    これは助かる。
    まあ、バス移動でも雨さえ降ってなきゃ別にいいんだけどね・・・
    IMG_4258.jpg

    105ゲートの手前には、まあまあ大きな売店がある。
    食料調達のみならず、本や医薬品もあるので便利。
    IMG_4260.jpg
     ただし、
     ウェブサイトによると営業時間は「00時30分まで」となっている。
     わたしは00時40分すぎに買い物したんだけど・・・
     きっちり時間どおりに閉店するかもしれないのでご注意を。

    IMG_4262.jpg
    ゲート前のイスでしばらく待った後、搭乗手続き開始。
    (何時に開始したかはメモするのを忘れたため不明です・・・)
    IMG_4265.jpg

    IMG_4266.jpg

    IMG_4269.jpg

    IMG_4268.jpg

    IMG_4271.jpg

    IMG_4274.jpg

    01時08分、搭乗し、13Cの席へ。
    たしかに他の席と比べて明らかに広い(^^)
    IMG_4276.jpg

    IMG_4286.jpg

    他の席と比較するためには、他の席の写真も撮るべきですが、
    めんどくさいのでしてません・・・

    いつものように
    わたしのブログはどうでもいいことしか書いてないので、
    香港エクスプレスについての役に立つ情報は、ネットで検索!ww

     おすすめ
      → マカオナビのhiroさんの記事
      「香港エキスプレスに乗ってみた。」
      http://macau-navi.com/modules/macaublog/index.php?page=article&storyid=736

    IMG_4277.jpg
    1列に3-3の座席配列で、合計174席。
    この日の搭乗率はだいたい8割ぐらい。

    わたしの座席(13C)のヨコはだれも座ってなかったので
    3席独占成功(^^)!

    免税品販売誌(手前)と機内情報誌(奥)
    IMG_4279.jpg

    ただし、機内情報誌は、香港エクスプレスのオリジナルではなく、
    姉妹会社の香港航空のものである。(2013年11月24日現在)
    IMG_4283.jpg
    したがって、機内情報誌には、機内上映映画などが紹介されているが、
    これは香港航空のものであり、当該機はビデオ・オーディオ設備は
    いっさいありません。

    01時22分、香港エクスプレス航空UO623便はゲートを離れて、
    01時44分、離陸。

    01時50分、ベルト着用ランプが消える。
         3席にヨコになって、ひたすら爆睡。

    04時47分、ベルト着用ランプが点灯。着陸態勢へ。
    (時差-1h)

    05時02分、香港国際空港に着陸。
    IMG_4287.jpg
    05時07分、貨物倉庫付近にストップ。
          (ターミナル行きバスはすでにそばに待機してた)

    05時10分、ドアオープン。バスに乗り込む。
    IMG_4290.jpg

    05時13分、バス出発(1台に全員乗車)、
    05時17分、ターミナルに到着。
    IMG_4293.jpg

    IMG_4294.jpg

    この光景、ひさびさすぎる・・・
    IMG_4295.jpg

    05時18分、イミグレ到着。
          30人ぐらい並んでるが、e道はがらがら。
    IMG_4297.jpg

    05時19分、e道通過。
    IMG_4298.jpg

    なお、わたしは手荷物だけなので関係ないけど、すでに
    ターンテーブルには預け入れ荷物がまわっていた・・・
    IMG_4299.jpg

    到着のタイミングによっては、
    空港が混んでいてターミナル行きバスが遅れたり、
    荷物がなかなか出てこなかったりするらしいけど、
    こんかいみたいに順調に進めば、ドアオープンから
    10分で入国完了となる・・・
    IMG_4300.jpg

    2013年11月24日(日) 05時20分、
    ほぼ1年ぶりに香港に入国。

    つづく


    -------------------------

    ということで、
    ブログを事実上再開しましたが、
    またこんな感じでだらだら書いてたら
    いつまでたってもマカオに着かないような気が・・・(^^)

    とはいえ、今回は日帰り旅行なので、
    次回で最終回にするつもりです。

    なるべく年内に終わらせようと思います・・(今のところは)

    テーマ: リアルカジノ

    ジャンル: ギャンブル

    タグ: カジノ  ギャンブル  マカオ  大小  Mr.BOO!  リスボア  香港エクスプレス 

    カテゴリ:*2013年11月(マカオ日帰り)

    2013/12/02 Mon. 02:09 -edit- Trackback -- / Comment 10

    △page top

    2013年11月マカオ日帰りギャンブル旅行<序章> 

    「香港エクスプレス航空、11月7日より東京/羽田〜香港線に就航!羽田発深夜便!」

     いまから2ヵ月前、
     このニュースにある男が反応し、つぶやいた。










    一度、やってみたかった。

    マカオ「日帰り」ギャンブル旅行を。





    やるよ。





    2013年11月24日(日)

    01:30 羽田→香港 05:25 →マカオ(フェリー移動)たぶん08:00到着

    たぶん16:00出発 マカオ(フェリー移動)→ 19:05香港→羽田 翌00:30



    韓国を主戦場としているBJ・バカラプレイヤーにとっては、
    「日帰り」はごく当たり前のことであり、騒ぐほどのことでもないであろう。

    しかし、
    大小プレイヤーであるわたしにとっては、「日帰り大小勝負」はできそうで
    できない夢だった。

    その夢をかなえてくれた香港エクスプレスには感謝したい。

    なお、
    羽田到着が翌日の深夜00:30なので、厳密にいえば「日帰り」ではないが
    そのへんは大目にみていただきたい・・・

    ------------------------


    いままで、いわゆる弾丸旅行はなんどかやってきたつもりだった。


    <弾丸その1>

     2012年11月4・5日

      11:50に成田出発、台北経由でシンガポールへ夜到着。
      2時間カジノで勝負した後、翌日深夜シンガポール発、
      台北経由で成田に10:40到着。


    <弾丸その2>

     2012年12月8・9日

      17:40に成田出発、香港経由でマカオに夜中到着。
      徹夜してカジノで勝負した後、朝マカオを出発、
      香港経由で成田に16:40到着。


     その他にも
     数年前は「広州経由マカオ1泊2日」なんていうのもあったなあ・・・


    昨年の弾丸「その1」「その2」いずれも
    日本を出発して、再び日本に到着するまで約23時間であった。

    こんかいの日帰り弾丸マカオも、
    01:30に出発して、翌日00:30到着なので同じく23時間である。

    しかし、これまでの弾丸は「暦日」をまたぐ滞在だったので、
    仕事を2日休まねばならなかった。

    ふだん大した仕事をしてないのに、会議日程等が網の目にように
    はりめぐらされて2連休すらなかなか取れないわたしにとって
    これはきつい。

    しかるに
    こんかい仕事を休むのは1日だけである。


    この差は大きい。



    みなさんは、カジノに出かける際、
    家族や職場に対して後ろめたい気持ちになったことはないだろうか?



    わたしは、ある。


    でも、
    たった1日だけ
    なんとなくいなくなってなんとなく夜中に帰ってくるだけなら
    なにも言われないだろう。

    もしかしたら、
    いないことに気づかれることさえないかもしれない。


    ------------------------


    マカオは、ほぼ1年ぶりのひさびさの訪問であり、
    いくつか心配することが・・・


    1.香港までの機内でゆっくり眠れるのか?
      (おそらく眠れないであろう)

    2.シンガポールは空港からカジノ(街中)まですぐ移動できるが
      マカオは香港からフェリーで移動しなければならない。
      めんどくさいし、冷蔵庫並みに寒いので、気が重い。
      (ただし、往路はきっと楽しいであろう)

    3.カジノでの勝負時間はおそらく朝9時~夕方15時頃まで。
      しかも日曜日。あまりいい時間帯とはいえない。
      大陸のみなさまをはじめとする観光客でいっぱいのテーブルで
      はたしてじっくり勝負できるのか?
      (おそらくできないであろう)

    4.帰国後、自宅に到着するのは確実に夜中の1~2時になる。
      ふだんから深夜3時ぐらいに寝ているとはいえ、週の始めから
      こんなことをやってるようじゃ仕事に支障をきたしそうだ。
      (会議中に寝てれば問題ないか(^^))

    5.ただでさえブログをさぼっているのに、
      また未更新の旅行記が増えてしまう・・・
      (対応策なしw)


    ということで、危惧すべきことはいろいろあるが
    とりあえずは無事帰還することを目指します(^^)。


    --------------------

    <以下、出発までに備忘のため思いつくまま追記>

    HKIA~マカオまでの行程はどうするか?
    さいしょは 往路:A11バス、復路:空港直通フェリーと思ったが、
    今のところ、下記の行程を予定。

    往復とも「エアポートエクスプレス(機場快線)」を利用。

     理由: 「1日往復割引」により料金は往復で100HKD(通常の50%)。
         片道50HKDなのでバス(片道40HKD)とそんなに変わらない。
         朝、香港駅に到着後、すぐにインタウンチェックインで
         帰りの便のチェックインができる。
         香港エクスプレスは事前座席指定ができないので、早目に
         チェックインすることで少しでもよい席が確保できる(はず)。

    香港駅~(徒歩)~信徳中心~(フェリー)~マカオ。
    (外港行きにするか、タイパ行きにするかは、これから考える。)

    マカオのフェリー出発時間は、16時とする。
    (もう少し遅くても大丈夫なような気がするが、2012年12月はフェリーが
    遅れてあやうく乗り損ねるところだったので、安全策をとる)


    パスポート、財布、メモ帳、デジカメをポケットに入れて
    手ぶらで行けるのでうれしい(^^)

    テーマ: リアルカジノ

    ジャンル: ギャンブル

    タグ: カジノ  ギャンブル  マカオ  大小  香港エクスプレス 

    カテゴリ:*2013年11月(マカオ日帰り)

    2013/11/18 Mon. 22:32 -edit- Trackback -- / Comment 14

    △page top

    コメントの投稿

    Secret

    △page top