09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

    10→13の後は・・・ 

    読者のO氏から教えていただきました(^^)
     
      ※Oさん、しばらく連絡がないので、ついにくたばったかと
       思ってたんだけど、しぶとく生きてましたww

     

    1013.jpg

    ここは
    当然   でしょう(゚Д゚)クワッ!!!


    この記事は、広告表示を回避するため一時的にアップしました。
    数日で削除いたします(^^)

    テーマ: リアルカジノ

    ジャンル: ギャンブル

    タグ: カジノ  ギャンブル  大小  シンガポール  マリーナベイサンズ 

    カテゴリ:大小

    2015/01/14 Wed. 23:54 -edit- Trackback -- / Comment 10

    △page top

    <業務連絡> 

    昨日(2012/10/26)、メールフォームから
    「大小プログラム(?)」を送ってくれた
    「匿名希望」さんへ

    どなたか存じ上げませんが(笑)ありがとうございます!

    しかし・・・
    VBで動かそうとしましたが、エラーがでてしまい、
    動きませんでした・・・・
    修正を試みましたが、わたしの知識ではダメでした・・・
    そもそもわたしのやり方(あるいは環境)ではダメなのかも・・・

    お時間のあるときに
    アドバイスいただければさいわいです(^^)

    テーマ: リアルカジノ

    ジャンル: ギャンブル

    タグ: 大小  ギャンブル 

    カテゴリ:大小

    2012/10/27 Sat. 08:41 -edit- Trackback -- / Comment 0

    △page top

    大小 その後 

    いよいよ来週、ひさびさにマカオ行きとなるわけで、
    いやがおうにも気持ちが昂る・・・・
    といきたいところだが、出発までにやらなければ
    ならない仕事があり、それが終わらないことには
    なんとも落ち着きません。
    (あまりたいした仕事じゃないけどね)

    とはいえ、一時は毎週行っていたカジノの雰囲気に
    もうすぐ浸れると思うとやはりウレシイ。

    ところで、我が家で開催していた「大小」ですが
    一時の盛り上がりがうそのように現在、だれも
    やる気がありません。

    なぜかというと・・・・
    見事なまでに
    「何回やっても誰も勝てない」
    からです。

    毎回、チップ(の代わりのブロック)を20コ配り、
    全部なくなったら負け、手元にブロックが残っている人が勝ち、
    というルールでやっているのですが、
    100コ・200コ手元に残って勝つ場合もたしかにあるが、
    ほとんどの場合、手元に2・3コ残ってやっと勝つ、
    あるいは全員なくなる(全員負け)、という場合が圧倒的に
    多い。
    手元に2・3コのこる、ということは最初は20コあったわけ
    だから、結局負けてるわけで・・・

    「カジノでは誰も勝てない」というのをあらためて認識。
    勝負事の厳しさを今のうちから身に沁みて感じる機会を得た
    うちの子供たちはしあわせである。

    などど言っているにもかかわらず、
    昨年からの宿題
    「大小を10万回くりかえしたらどうなるか」
    の分析も細々と行っています。

    分析、といっても、
    「自分に都合のよい出目の傾向をむりやり見つけて、
    実戦での心の拠りどころとする」
    のが目的なので、けっこうたいへんである。

    というより・・・結論を言ってしまうと、
    さすがに10万回やると、
    確率の「大数の法則」にあてはまるわけで、
    どう数字とにらめっこしてもなんの傾向も
    見出せませんでした。

    大数の法則とは・・・
    たとえばコインを投げて裏・表どっちがでるかを
    数えた場合、確率的にはどちらも50%ずつなので
    裏・表まんべんなくでるわけだが、
    数回・数十回だけでは裏ばかり、あるいは表ばかり
    連続するのは珍しくない。
    しかし、数千回・数万回やればほぼ同数に集約される、
    というものだ。
    理屈はわかっていたが、いざ、実際に10万回やって
    みるとほんとにそうなりました。

     <おさらい>大小とは

     3つのサイコロを振って、合計が11~17なら「大」、
     4~10なら「小」。
     ただし、ゾロ目「111」「222」「333」
     「444」「555」「666」は、大でも小でもない。

     サイコロの組み合わせは全部で216通り。
                   (6×6×6=216)
     ゾロ目の組み合わせは上記のとおり6通り。
     大・小の組み合わせはそれぞれ105通り。
                   ((216-6)÷2)

     大・小の確率 48.611・・% (105÷216)
     ゾロ目の確率 2.77・・% (6÷216)
     

    そして、実際に10万回やった結果は・・・

    大  48311回 48.3%
    小  48990回 49.0%
    ゾロ目 2699回  2.7%

    まあ、ちょっと小が多いけど・・・
    確率の本読むと、これぐらいやった場合、
    5%プラスマイナスは誤差の範囲みたいです。

    でも、「なにも見出せなかった」では
    つまらないので、やはりむりやりこじつけて
    なにか見出すことにしました。

    マカオ出発までにここに公開して、実際に
    マカオで試してみます。


    カテゴリ:大小

    2009/02/03 Tue. 00:00 -edit- Trackback 0 / Comment 0

    △page top

    大小~Excelによる出目の再現実験 (目的) 

    Excelの乱数関数による大小の10万回分
    の出目分析はあまりすすんでいないが、
    遅くとも2月に予定しているマカオ遠征
    までには、なんらかの結論をだしたい。

    結論といっても、
    実験結果からなんらかの
    「真理」を導きだすわけではないし、
    そんなつもりもないし、
    だいたいそんなことできるわけない。

    たとえ
    何千万・何億回ためしてみて
    何らかの傾向が導き出されたとしても、
    実際のカジノで賭けたときに
    「次に出るサイコロの目は大か小か」
    なんてだれにもわからない。

    やろうとしているのは・・・

    カジノの実体験でなんとなく感じた
    「出目の傾向」がいくつかあるのだが、
    Excelでどの程度、再現するのかをみて
    みたい。

    演繹じゃなくて、帰納。

    もちろんそれも意味のないオカルトだ。
    だが、実際に賭けるときの
    根拠のない自信のよりどころとしたいのだ。

    ひとつだけ例をあげると・・・

    わたしはたいてい、
    「大(サイコロ3つの目が11以上)」
    が出たのときは
    その次も「大」に賭ける。
    「小(10以下)」のときは、次は「小」。
    基本的に同じ目に賭け続ける。

    したがって
    「12」が出た次は、「大」に賭けるが、
    「1・5・6」の「12」が出たあとは
    「小」に賭ける。

    おそらく
    的中率は60%は超えてると思う。

    しかし、「大」になるときも当然ある。
    そのときは迷わず、次は「大」だ。

     「1・5・6」の「12」の次は「小」。
     それが外れて「大」になったら
     次は「大」。


    あくまでカジノという異常な空間の中での
    「体感」的中率であるが、
    この的中率は80%ぐらいと感じている。
    わたしの中では最強の法則。

    もちろん、
    ギャンブルをやる人は当たった記憶は脳内で
    倍増しているが、外れた記憶は半減している
    ことはわかっています。

    だからこそ、Excel上で再現するかどうか
    見てみたいのだ。

    そのほかにもオカルトな法則がいくつかある
    ので、それらの再現を期待している。


    カテゴリ:大小

    2008/12/28 Sun. 02:30 -edit- Trackback 0 / Comment 0

    △page top

    ファミリー大小 その3 

    結局、おとうとは200ブロック近くまで稼ぐ。
    何も考えずに「大」に賭けているのかと思ったら
    とつぜん「小」へ。
    これが当たる。
    また「大」へ。
    外れるがまた「大」へ。
    当たる。
    2度続けて外れない。

    img3

    これ、わたしもマカオで何度も経験あります。
    とにかく出る目を自分でコントロールしていると
    錯覚するぐらい、ついているときがある。

    ついにわたしの手持ちのブロックがなくなった。
    負け確定。
    おにいちゃんとおとうとの一騎打ち。
    おとうとの調子が悪くなっていく。
    一度に賭けるブロックは30コぐらいなので
    あっという間になくなっていく。

    じゅうぶん勝ってるのに、
    いや、じゅうぶん勝っているからこそ
    まだ勝てる、と思い、
    同じペースで賭けてしまう、
    それどころか金額を増やしてしまう。

    マカオでのわたしを見るようだ。
    外野から見るとよくわかる。

    二人とも真剣で、ヒートアップしてきた。
    翌日に持ち越しということで中断。

    おとうと 127
      (減ったとはいえまだ手持ちは豊富)
    おにいちゃん 14
      (増えもせず減りもせず)
    わたし  0

    つづく
       



    カテゴリ:大小

    2008/12/24 Wed. 00:00 -edit- Trackback 0 / Comment 0

    △page top

    コメントの投稿

    Secret

    △page top